記事内にプロモーションを含みます

【最新版】TikTok動画の作り方を3パターンで紹介!

how-to-make-tiktok

あぷ子

流行のアプリの紹介をしていきます!おすすめゲームアプリや注目アプリ、ファッション系のみんな大好きそうなお買い物系など、使って良かったアプリを紹介していきますね!

「TikTokの動画ってどうやって作るの?」「どうやって投稿するの?」

この記事では、そんな疑問を解決するために、TikTok動画の作り方をパターン別に3つご紹介していきます!

みんなと同じようにTikTokに動画を投稿してみたい方は、ぜひ参考にしてください。

『なんで0なの?!』TikTokを誰も見ない原因は一体なに?対処法も解説

TikTok動画の作り方①|すでに撮影した動画をTikTokに投稿する

動画は普通にスマホカメラで撮って、そのあと動画を投稿する方が多いのではないでしょうか。

まずは、すでに撮影した動画や写真を投稿する方法を解説していきます。

手順1.投稿したい動画・写真を選択する

how-to-make-tiktok

TikTokを開いて、中央下にある「+」をタップします。

最初はカメラモードになっていますが、ここから動画・写真を選択する方法が2つあります。

1つ目は、赤い録画ボタンの右横にあるアップロードから、動画・写真を選択する方法。

2つ目は、カメラモードの2つ先にある機能「フォトモーション」から選択する方法です。

フォトモーションには50種類以上のテンプレートが用意されているので、簡単にエフェクトをかけたり、動きのある動画に加工できます。

好きな方で、投稿したい動画・写真を選択しましょう。

手順2.楽曲を選ぶ

TikTok動画には、商用ライセンスが付与されている楽曲を使うことも可能です。

使いたい楽曲があるか検索したり、トレンドやジャンルからも選択できます。

動画・写真を選んだら、その内容や雰囲気にあった楽曲を選びましょう。

右側に並んでいるメニューボタンから、楽曲を好きなところでカットしたり、楽曲の音量を調整できたりします。

楽曲はなしでも投稿できます。

手順3.選択した動画・画像の長さや速度を調整する

動画であれば、投稿したい箇所だけを切り取ったり、再生速度を変更できます。

画像の場合は、アスペクト比を変更することはできますが、特定の画像の表示時間を調整することはできません。(調整したいのであれば編集ソフトや編集アプリを利用します)

手順4.テキスト、ステッカー、エフェクト、フィルターなどを付ける

右側にあるメニューから、テキストやステッカーを付けて装飾します。

エフェクトやフィルターをかけるだけでも、いい感じの動画が出来上がるのでおすすめです。

テキストは、フォントやカラーを選択して自分の好きなように加工できます。

入力したテキストをタップすると「ステッカーの表示時間を設定」というメニューがあるので、動画のどこにどれぐらい表示させるのか決めていきましょう。

他にもいくつかの編集機能があり、アフレコや字幕も付けられます。

手順5.完成した動画のキャプション入力とカバーを選択する

動画の編集が終わったら、右下の「次へ」を押します。

(ここで左下の「ストーリーズに投稿」を押すと、自分のストーリーズに投稿されます)

すると投稿画面に移動するので、ハッシュタグやメンションをうまく利用して、動画の説明やコメントを入力しましょう。

この欄に入力する内容を動画の“キャプション”と言います。

キャプション入力が終わったら、その横にある「カバーを選ぶ」を押します。

投稿時に最初に表示される静止画なので、動画のポイントとなる部分や目立つ部分などを選択するといいですよ。

手順6.動画の投稿設定をして投稿する

最後に、他のユーザーをタグ付けしたり、動画の公開範囲を選んだり、コメントのオンオフなどを設定します。

音楽を設定している場合は「楽曲使用確認に同意する」のチェックも忘れずに。

すべて設定、確認したら、右下の「↑投稿」を押して、完了です。

これで作成した動画が投稿欄にアップされます。

TikTok動画の作り方②|その場でTikTokアプリから撮った動画を投稿する

次に、その場でTikTokを使って撮影したものを編集して、動画を投稿する方法を解説します。

手順1.撮影画面を開く

how-to-make-tiktok

TikTokを開いて、中央下にある「+」をタップします。

するとカメラに切り替わります。インカメラへの切り替えも可能です。

手順2.撮影時間(モード)を選択する

カメラの撮影ボタンの上にある「15秒モード」「60秒モード」「3分モード」から好きな長さのモードを選びます。

手順3.楽曲を選ぶ

TikTok動画には、商用ライセンスが付与されている楽曲を使うことも可能です。

使いたい楽曲があるか検索したり、トレンドやジャンルからも選択できます。

画面中央の上にある「♫楽曲を選ぶ」から好きな曲を選びましょう。

曲の長さによって、撮影可能な秒数が変わってくるので、そちらも考慮して選びます。

楽曲なしでも投稿可能です。

手順4.エフェクト、フィルター、メイクなどを選択する

左下にあるエフェクトボタンからエフェクトをかけたり、右側にあるメニューから、フィルターやメイク加工を追加したりできます。

メイク加工は、リップやファンデなども付けられますし、輪郭や目の大きさなどの顔そのものを加工できます。スッピンでも動画撮影ができてしまうほど。

フィルターをかけて、エモい動画を撮れたりもできます。

手順5.動画を撮影する

エフェクトやフィルターを選んでこれだと思う設定ができたら、動画撮影スタートです。

その際に、撮影速度を変更することもできます。(3倍速、2倍速、1倍速(通常)、0.5倍速、0.3倍速から選択)

また、カウントダウン機能もおすすめ。

3秒もしくは10秒のカウントダウン後に撮影をスタートさせられます。

撮影ボタンを押してから、最終的な画角や見た目を確認する時間って結構大事ですよね。ぜひ使ってみてください。

手順5.テキスト、ステッカー、エフェクト、フィルターなどを付ける

右側にあるメニューから、テキストやステッカーを付けて装飾します。

エフェクトやフィルターは撮影時にかけたものに重ねて加工できるので、もし追加したい場合はここでさらにエフェクトやフィルターをかけてみましょう。

テキストは、フォントやカラーを選択して自分の好きなように加工できます。

入力したテキストをタップすると「ステッカーの表示時間を設定」というメニューがあるので、動画のどこにどれぐらい表示させるのか決められます。

他にもいくつかの編集機能があり、アフレコや字幕を付けることも可能です。

クリップ調整からは、ここでも動画の速度を変えたり、分割したり反転したりできるので、細かな編集ができます。

手順6.完成した動画のキャプション入力とカバーを選択する

動画の編集が終わったら、右下の「次へ」を押します。

(ここで左下の「ストーリーズに投稿」を押すと、自分のストーリーズに投稿されます)

すると投稿画面に移動するので、ハッシュタグやメンションをうまく利用して動画の説明やコメントを入力しましょう。

この欄に入力する内容を動画の“キャプション”と言います。

キャプション入力が終わったら、その横にある「カバーを選ぶ」を押します。

投稿時に最初に表示される静止画なので、動画のポイントとなる部分や興味を引きやすい部分などを選択してみてくださいね。

手順7.動画の投稿設定をして投稿する

最後に、他のユーザーをタグ付けしたり、動画の公開範囲を選んだり、コメントのオンオフなどを設定します。

音楽を設定している場合は「楽曲使用確認に同意する」のチェックも忘れずに確認しましょう。

すべて設定し確認したら、右下の「↑投稿」を押して、完了です。

これで作成した動画が投稿欄にアップされます。

TikTok動画の作り方③|編集アプリを使って動画を作成する

TikTok上で動画を作る以外にも、編集アプリやソフトを使ってあらかじめ作った動画を投稿する方法もあります。

ここでTikTok動画におすすめの編集アプリをご紹介しましょう。

CapCut

how-to-make-tiktok

CapCut(キャップカット)は、TikTokを運営するByteDance株式会社が提供する編集アプリ。

ですので、TikTok内で使われる楽曲の著作権についても気にせずに選択できるので安心です。

すべて無料で使えて、TikTok動画として編集するのに十分な機能が備わっています。

どれを使ったらいいか迷ったら、まずはCapCutを使ってみるのもいいのではないでしょうか。

inShot

how-to-make-tiktok

inShotは、動画編集アプリとして人気が高く多くの人がこのアプリを愛用しています。

感覚的に操作しやすいので、初心者の方でも簡単に動画編集ができるでしょう。

また、高い解像度で出力できるのも魅力です。

本格的にTikTok動画を作りたい方は、無料の範囲で高クオリティの動画がこれ一つで作れますよ。

VITA

how-to-make-tiktok

VITAは、初心者でも簡単にお洒落でトレンドな動画を作成できます。

テンプレが豊富に揃っているので、動画はたくさんあげたいけど編集センスもないし面倒くさい…という方にはこのアプリがおすすめです。

テンプレ以外にも、基本的な動画編集機能は十分に備わっています。合成なんかも簡単にできて、映えたり面白い動画を作りやすいのではないでしょうか。

こちらも無料で利用できます。

TikTok動画の作り方を覚えてどんどん投稿してみよう

今回は、TikTokで動画を作る方法をご紹介しました。

慣れてしまえば、どの作り方でも簡単に編集できます。

今では、TikTokで集客してマネタイズに繋げたり、ファンを獲得したりと使い方が多様化しています。

せっかくなので他の人の投稿を楽しむだけでなく、自分でも動画投稿して楽しんでみてくださいね!

『いつが一番見られるの?』tiktokの投稿時間でバズれるのは何時?



-TikTokの使い方, TikTokアプリ

error: Content is protected !!